アルトコイン2019有望5選!おすすめ理由と取引所も紹介!

この記事は4分で読めます

Sponsored Link


2019年も仮想通貨はますます注目を集めています。

さらに、ビットコイン以外の暗号通貨であるアルトコインへの関心が高まっています。

 

このサイトでは、2019年に有望なアルトコインを理由とともにご紹介します。

さらに、どこの取引所でアルトコインの取引ができるのかもお伝えいたします。

アルトコインとは?

アルトコインとは、代替えコインのAlternative Coin(オルタナティブ コイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。

代表的なアルトコインには、ライトコイン、イーサリアム、リップル、モナコインなどがあります。

ビットコインは、仮想通貨市場の基軸通貨になっており、他のアルトコインを購入するのにビットコイン建てで買うこともあります。

逆に、ビットコインを軸にしたアルトコインも多く存在します。

ビットコイン以外の暗号通貨は、現在全世界で 2000種類以上のコインが作成されていると言われていますが、中には詐欺コイン(スキャム・SCAM)もあり、ICOと呼ばれる仮想通貨を上場させるための資金調達は、法整備がきちんとされていないためにほとんどが詐欺コインだと言われています。

アルトコインと詐欺コイン(スキャム・SCAM)を見極めるには、特に初心者は注意が必要です。

 

アルトコイン2019有望5選!おすすめアルトコインとその理由は?

仮想通貨に投資をするのであれば、ビットコインを軸に時価総額の大きいアルトコインを選ぶことが安全です。

現在の時価総額は、CoinMarketCapのサイトで確認することができます。

▼おすすめアルトコイン有望5選!

1.イーサリアム

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクト技術です。
スマートコントラクトとは、取引契約を人の手を介さず、自動化してスムーズに行うための仕組みです。

暗号通貨のブロックチェーン技術にならび、これから起こる仮想通貨革命(価値の移動)に、なくてはならない技術と言えます。
また、イーサリアムのプラットフォームから新しい通貨が作られることもありこれからも期待される暗号通貨です。

2.ライトコイン

ライトコインは時価総額の高く、ビットコインが金であるならば、ライトコインは銀だと言われています。

ビットコインには処理速度に問題がありますが、大きな契約にはとても適しています。

ビットコインが大きな取引に使用するモノであるならば、少額決済マイクロペイメントを補うのがライトコインです。

 

3.イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックも2019年に向けて動向に注視しておくべき通貨の1つです。

プロジェクトや開発のコミュニティがあり、イーサリアムとは違う道を歩み始めています。

IoTに特化した仮想通貨で、将来的なさらなる普及が期待されています。

 

4.リスク

リスクもイーサリアムと似た特徴を持つコインですが、サイドチェーンと呼ばれるチェーンがあるのが特徴です。

サイドチェーンとは、メインチェーンとは別にもうひとつのブロックチェーンを勝手につくって、メインチェーンには無かった機能を追加したりして、独自のチェーン設計と運用を行えるようにするものです。

また、Javascript(ジャバスクリプト)というプログラミング言語で書かれているため、開発者にとって扱いやすいコインとされています。
ブロックチェンアプリケーションの利用に便利なプラットフォームとされているので、ブロックチェーン関連のビジネスを始めるにはリスクが採用されると見込まれています。

 

5.ステラ

ステラは、仮想通貨リップルから分岐してできたコインです。
ステラは、ユーザーにリーズナブルで、迅速かつ効率的なクロスボーダー決済を提供することにフォーカスした通貨です。

他の通貨との大きな違いは、機関への導入を目的にしておらず、個人間での利用を考えて設計された通貨という点です。

ブロックチェーンでの処理にかかる費用も低く抑えられ、高い性能を持っています。

リップルが銀行間の送金を目指すのであれば、ステラは個人間の送金を素早く処理できる仕組みを目指しています。

しかし、残念ながらステラは、日本のビットコイン取引所にまだ上場されていません。

 

おまけ

上記に挙げたその他以外でも、コインチェックに上場していた匿名性のある仮想通貨も2019年には期待があります。
日本では、金融庁の許可が下りなかったオーガー、ダッシュ、モネロ、Zcashの動向も気になります。

アルトコインが取引できるおすすめ取引所を紹介!

▼アルトコインが取引できる取引所3選

1.ビットポイント

サッカーの本田選手がCMに起用されてとても口座開設数が増えています。
ビットポイントのメリットは運営元の会社が上場企業であり資本金が高くセキリティも高く評判の良い取引所です。

取り扱い通貨が、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルと多いのも特徴です。
アルトコインを仮想通貨所で購入できます。

トレードでは世界でトレーダーが愛用しているMT4が使えるのが魅力的です。また、損益計算機能がついててます。

2.ビットバンク

リップルを買うのにはビットバンクの取引所がとても人気があります。
リップルの出来高がとても大きい取引所です。リップルを指値で注文することができます。

取り扱い通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ、リップルと多いのも特徴で、すべて取引所での購入です。
セキリティも評価が高く、ビットコインを預け入れて利息が貰える商品も人気があります。

 

3.DMM

スマホのアプリのチャートがとても見やすく本格的です。
現物の取引がビットコイン、イーサリアムてすがこれから増えていくことでしょう。

レバレッジ取引通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルです。
スマホでも本格的なトレードが行えますし、操作も簡単です。
DMMビットコインも損益計算機能がついています。

まとめ:アルトコイン2019有望5選!おすすめ理由と取引所も紹介!

2019年に有望なアルトコインと、おすすめ取引所は以下の通りです。

▼おすすめアルトコイン有望5選!

1.イーサリアム

2.ライトコイン

3.イーサリアムクラシック

4.リスク

5.ステラ

▼アルトコインが取引できる取引所3選

1.ビットポイント

2.ビットバンク

3.DMM

 

一旦落ち着いた仮想通貨市場ですが、もとの価格に戻ったという見方もあります。

未だにビットコインが基軸通貨であるために、アルトコインが同じように連動してしまう相場ではありますが、どこかでアルトコインが1つでも抜ければ相場も変わって来るでしょう。

あなたが、これから仮想通貨投資をするのであれば、時価総額の高いモノから購入して1つずつ調べていくことをおすすめします。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新元号4月1日発表は何時何分?

ゴムポンつるつる販売店はどこ?東急ハンズでも買える?

キョエちゃんの声は誰?

チコちゃんの顔の仕組みはどうなっているの?

10分でごはんが炊ける炊飯器!

10%e5%88%86%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

細木数子の隣にいる女性は誰?

指原莉乃が加入した60歳から10万もらえる保険は?

FIFAワールドカップトロフィーの値段は?

新しい風邪予防対策!

たべるマスク