カルテット最終回!死と乙女を1曲目に選んだ真紀の理由は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんばんは~(*’▽’)chocoです。

カルテットの最終回、感動でしたね~。

色々な伏線の答えがちょこちょこ出てきて、マニアックな見方をしてしましました~。

 

「私、ニセ早乙女真紀ですよ?」って、セリフにそうきたか!と思いました。

最後に、大きなホールでコンサートをやりたいっていう夢をかなえるために、みんな頑張って練習して。

 

家森さんが元ノクターンでもらってきた手紙は、ぐさって来ました。

「あなたたちは、煙です。」

「何で、続けてるんですか?」

自分にも言われているような気がしました。

カルテット最終回のあらすじは?

あのニセ早乙女真紀の事件から、1年が経とうとしていました。

週刊誌には、「美人バイオリニスト コロッケデート」と見出しに書かれた真紀さんが、コロッケを食べながら、男性と歩いている写真が掲載されていました。

残された3人は、真紀さんがそういう人間ではない事は分かっているけど、半信半疑でした。

 

それから、真紀さんを探しに出かけた三人。

団地に住んでいた真紀さんをまんまと、三人の演奏でおびき寄せて、軽井沢に真紀さんを連れて帰ります。

センキューパセリ!

懐かしのからあげが、夕食に出てきます。

そこで、「レモンかける派」「レモンかけない派」の話を思い出します。

 

「レモン、かけてませんよ!」

「小皿に取ってかけましたよ!」と、別府さんとすずめちゃんは、家森さんにアピールします。

でも、家森さんは不満げ。

 

「パセリ見ました?」

「食べる、食べないとか?」

・・・・????

別府さんとすずめちゃんは、戸惑います。

 

「家森さんが言っているのは、パセリがどうこうって言うわけではなくて、パセリがあることに気づいたって事を言っていると思います」と真紀さん。

「そう、その通り!」と家森さん。

 

「パセリがある時とない時」

「ある」

「ない」

「ある」

「ない」

「どう?」

「寂しいでしょ?」
「ないと殺風景でしょ?」

「この子たち言ってるでしょ。」

「ここにいるよーって」
「じゃ、どうすればよかったんですか?」と、キレるすずめちゃん。
「心で言うの」と、諭す家森さん。

「センキューパセリ」と真紀さん。

「センキューパセリ」と家森さん。
「食べてもたべなくてもいいの。ここにパセリがいることを忘れちゃわないで~」と、さらに家森さん。

 

真紀さんと家森さんから、強い視線を送られた別府さんとすずめちゃんは、言われた通りにします。
「あ、パセリありますね」

「パセリきれいですね」

「センキューパセリ!」

「そう!」と、家森さんは満足げでした。

 

これって、カルテットドーナッツホールのこと言っているのかなって思いました。

自分たちの存在。

自分たちの存在自体が、周りを華やかにする。

 

だから、お礼を言われていいんだ!

存在してていいんだ!と。

Sponsored Link


真紀さんが死と乙女を選んだ理由は?

コンサートの公演直前に、別府さんと家森さん二人は、緊張でトイレに行きます。

そこで、真紀さんとすずめちゃんだけが、楽屋に残りました。

そして、すずめちゃんは、ある疑問を真紀さんにぶつけます。

 

「真紀さん、何であの曲を1曲目に選んだんですか?」

「え、好きだからよ」

 

何も意図なんか、さらさらないって言う風に答えます。

でも、すずめちゃんは、真紀さんの真意を分かっているようでした。

 

「この曲聞いたら、真紀さんのことを疑ってる人は、誤解しちゃいますよ」

 

「そうかな~」と、真紀さんはとぼけます。

でも、すずめちゃんが自分の気持ちに気づいていることを最後には察していました。

「こぼれちゃったかな~」

「内緒ね」

と、すずめちゃんにそれだけ言って、二人は真紀さんがなぜ、この曲を1曲目に選んだかを理解していました。

 

その曲は、「死と乙女」でした。

しとおとめ、さおとめ

義父殺害とした真紀さんとも、捉えることができます。

真紀さんは、何としてもこのコンサートに人を集めたくて、自分をさらしものにしてでも、人を集めたかったのだと思います。

 

1曲目の曲としては、かなり暗い曲でした。

演奏中には、空き缶がステージ上に投げ込まれ、このままどうなるの?って思いましたが、無事に演奏は終了。

でも、なかなか拍手がありません。

 

やっぱり、みんな冷やかしの客ばかりなのか?

そう思っていたら、ノクターンのマスター夫婦が拍手をしてくれて、会場は拍手につつまれました。

一方で、一曲目で帰って行くお客さんの姿もありました。

 

テレビで見ている分には、結構、コンサートホールにはお客さんは残ってくれていて、誰かの心に響いてくれている印象は受けました。

それから、カルテットドーナッツホールは、軽井沢の別荘から旅立っていました。

次の公演が決まって、遠出をするシーンでした。

 

車の中で4人で、エンディングテーマの「おとなの掟」を歌っているのは、とてもカッコよかったです。

あの曲フルバージョンで聴きたいですね。

できれば、生パフォーマンスを歌番組で、披露して欲しい!!

関連記事:カルテット最終回!ドーナツホールに手紙を送った女性は誰?

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イケメンカナダ首相が履いたことで話題の靴下!

2017年後半あなたの恋と運命は?

10分でごはんが炊ける炊飯器!

10%e5%88%86%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

シャネルCMの美女は誰?

QTモバイルCM女優は誰?動画も!

資生堂アイライナー自主回収!返金方法は?

差し入れの新女王!ガッキーが差し入れしたのは?

東芝上場廃止はいつ?

金価格2017年今後の見通しは?

新しい風邪予防対策!

たべるマスク

たまご型自転車が車よりも速い!

%e6%9c%80%e9%80%9f%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a

最先端電動スクーターは折りたたみ式!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3