関西電力バイオマス発電VS九州電力!自由化で電気料金値上げ?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんばんは~(*’▽’)chocoです。

2017年4月からガスの自由化も始まりますね~。

それより前に電力自由化は決まっていて、色んな会社が進出をしましたが、実感としてはあまり変化はありません。

 

相変わらず、私は九州電力を利用しています。

一人暮らしだと、電力会社を変えるのも一苦労で、そっちの方が逆に時間を取られそうでそのままにしています。

オール電化のお家や、大人数の家族にとっては、電力会社によっては色々とメリットもあって新料金プランとか宣伝していましたね。

 

最近は、電力会社のCMは見なくなったと思います。

それよりも西部ガスのCMの方を見るようになったと思います。

さて、そんな中関西電力が、九州に殴り込みです。

 

殴り込みって少々言葉が悪いですが、九州電力の縄張りに進出をしてくるとなれば、やっぱりこれは、殴り込みでしょう。

九州でガス会社は、西部ガス以外にもありますが、電力会社は九州電力だけですよね?

「自由化」って企業には大変な出来事なんだなと、今回のニュースで思いました。

 

今回、関西電力が「バイオマス発電」で九州に発電所を作ります。

電気は、送電効率が悪く遠くへは運べないので、九州に発電所を作ると言う事は、九州に供給すると言う事です。

九州は、他の地域と陸続きではないので、今まで縄張りを荒らされることって少なかったと思います。

今後、電力事業の競争は、ますます激化しそうですね!

関西電力は九州のどこに発電所を作るの?

ニュースによると、関西電力は福岡県の苅田町に発電所を作ることを検討中です。

詳細な時期は、まだ未定ですが、おそらく2019年頃になるのではないかと見込まれています。

苅田町は、自動車工場など、工業地帯なので大量の電力が必要でしょうね。

 

それに、福岡県北九州市、山口県下関市、大分県にも近いので、3県にまたがって供給できるのもポイントの一つではないかと思います。

実際、2020年以降には、大分県で風力発電所を作る計画もあるようで、九州電力のシェアを着実に奪っていく動きがあります。

九州電力は、原発の問題もありますし、原発以外の自然エネルギーで対抗するのは、勝ち目があるかもしれません。

 

さすが、関西電力もポイントを抑えていますね。

消費者としては、安全で安定した電力が供給されることが一番の条件だと思います。

さらに、料金も安くなると嬉しいですね。

バイオマス発電って何?

今回、関西電力は「バイオマス発電」で九州進出をする予定です。

「バイオマス発電」って聞きなれない言葉すね、どういう発電なのでしょうか、調べてみました。

バイオマスとは?

バイオ=生物資源のことを言います。

マス=量の事です。

なので、生物資源を使って電気を電力を作ることを、バイオマス発電と言います。

 

「生物資源」には、特定なものをさすものではなくて、生物であれば何でも当てはまります。

植物、動物、微生物も全部、バイオマスです。

電力では、以下の生物が利用されています。

・建築廃材

・下水の泥

・家畜のフン

・食べ物の残飯

 

私たちの生活の中で出る生ごみとか、汚いものは、バイオマスとして利用することができるんですね。

学校で習った「食物連鎖」みたいなイメージで、エネルギーも循環していくイメージで、とても環境に良さそうです。

 

これが、どうやって電気になるかというと・・・

木材 →燃やす →蒸気が発生 →蒸気の力で発電

下水の泥、家畜のフン、食べ物の残飯 →発酵 →メタンガスやエタノールが発生 →ガスの力で発電

 

直接、電気を作ることができないので、コストは割高になります。

でも、自然エネルギーへの関心は高まっているので、今後は、コストの削減も見込めるのではないかと期待しています。

自由化でさらに電気料金値上げ?

消費者としては、電気料金が安くなってくれる期待はどうしてもしてしまいますよね。

関西電力の進出で、電気料金の値段は下がるのでしょうか?

現在の関西電力の料金と、九州電力の料金を調べてみました。

関西電力・従量電灯A

基本料金:なし

最低料金(最初の15kWhまで) 1契約:373.73円

15 kWh超過120kWhまで:22.83円/1kWh
120kWh超過300kWhまで:29.26円/1kWh
300kWh超過分               :33.32円/1kWh

例えば、120kWhまで利用した場合・・・

最低料金+利用した電力料金

=373.73円+(22.83円×120120kWh)

=373.73円+2736.6円

=3110.33円

九州電力・従量電灯B

<基本料金>
10アンペア:291.60円
15アンペア:437.40円
20アンペア:583.20円
30アンペア:874.80円
40アンペア:1,166.40円
50アンペア:1,458.00円
60アンペア:1,749.60円
<電力量料金>
最初の120kWhまで:17.19円/1kWh
120kWh超過300kWhまで:22.69円
300kWh超過分      :25.63円

例えば、10アンペアで、120kWhまで利用した場合・・・

基本料+利用した電力料金

291.60円+(17.19円×120kWh)

=291.60円+2062.8円

=2354.4円

 

電気料金の計算って、初めてしてみましたが、面倒くさいですね。

しかも、電力会社によって、計算方法なども異なるので、分かりにくい・・・。

結果、長年親しんだ九州電力の方が、計算しやすいし、アンペアが選べる点はいいなと思いました。

 

九電は高いと思っていたけど、そんなに高くないことが判明しましたし、九電のままでいいかなと思います。

迷うのは、やっぱり電気を多く使う家庭や企業などが、メインターゲットになるのかなと思いました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おげんさんの水筒のブランドは?

2017年後半あなたの恋と運命は?

anan2017%e5%89%8d%e5%8d%8a

はたらいて笑おうCM女優は誰?

トヨタプリウスのCMソングは何語で歌ってる?

QTモバイルCM女優は誰?動画も!

シャネルCMの美女は誰?

仲良しマグカップ!

差し入れの新女王!ガッキーが差し入れしたのは?

東芝上場廃止はいつ?

金価格2017年今後の見通しは?

新しい風邪予防対策!

たべるマスク

たまご型自転車が車よりも速い!

%e6%9c%80%e9%80%9f%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a

最先端電動スクーターは折りたたみ式!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3