リカンベント自転車の最高時速は何キロ?世界大会がスゴイ!

この記事は4分で読めます

Sponsored Link


こんばんは~(*’▽’)chocoです。

リカンベント型の自転車って見たことありますか?

私は、たまたま深夜にNHKの番組「超絶 凄(すご)ワザ!」っていう、千原ジュニアが司会をしている番組で見かけました。

 

普通の自転車と違うところは、ほぼ寝ている姿勢で自転車をこぐという点です。

この自転車は、スピードを出すために開発された自転車で空気抵抗を抑えるために、寝るような体勢をとります。

さらに、空気抵抗を減らすために、たまご型のカバーを付けて走ります。

 

そのスピードが、本当に早くてビックリします。

車よりも早いです。

早すぎて、こいでいる人は命がけです。

 

NHKの「超絶 凄(すご)ワザ!」では、最速の自転車を日本人が作ったらどうなるのか?っていうプロジェクトからスタートします。

こういう時、日本ってホントに色んな技術を持っている方がいるなぁ~って、改めて感心します。

何かニュースになると、「専門家をお呼びしています。」と言って、「○○の専門家」って、絶対どっかから探しているじゃないですか。

 

こんな分野にも専門家がいるの?て分野にも必ずいますよね。

日本って色んな事を学べる環境もあるし、規制もないから、どんどん独自の文化が発達していくんでしょうね。

そこで、集められたのは、自転車をこぐスペシャリスト、自転車を作る人、たまご型のカバーを作る人達です。

リカンベント自転車の最高時速は何キロ?

私が見た回は、まずオランダチームに勝つことが目標に掲げられていて、勝ったら世界大会に出場するっていうのがテーマでした。

リカンベント自転車の最高記録は・・・

時速133.78キロ!!

 

高速道路で走る車が100キロなので、それよりも速いです。

ビュンビュン風に乗って、加速をしてい来ます。

見た目はたまご型でかわいらしいのに、ホントにスゴイです。

 

この記録を作ったのは、オランダチームでした。

私が見たNHKの「超絶 凄(すご)ワザ!」では、日本チームは時速139.45キロを出していました。

ゴールをした後は、急には止まれないので減速して言って惰性でそのまま、コースを1周していました。

日本チームのメンバーは?

小森 亮平(こもり りょうへい)

担当:自転車をこぐ人=ライダー

生年月日:1988年9月26日

出身地:広島県福山市

出身校:広島県立福山誠之館高等学校

所属:愛三工業レーシングチーム

 

高校の頃から自転車競技(MTB、ロードレース)をやっていて、夏休みを利用してフランスへ行きます。

それがきっかけとなって「ダイハツ・ボンシャンス飯田」に所属し、高校卒業後はフランスで自転車競技生活を送ります。

フランスと言えば、「ツール・ド・フランス」っていう有名なプロのロードレースがありますもんね。

 

小森さんは、本場フランスで修行したかいもあり、実績もある方です。

2008年、全日本選手権 U23 優勝

2009年、世界選手権U23 日本代表

2010年、世界選手権U23 日本代表

池上 敦哉(いけがみ あつや)

担当:自転車を作る人=自転車設計の技術者

生年月日:不明

出身地:東京都中央区
出身校:早稲田大学高等学院→早稲田大学理工学部卒業
所属:KYBモーターサイクルサスペンション(株) ※ヤマハ発動機より出向

 

池上さんの専門は、バイク。

大学で入ったサークルでは、いかにガソリンの量にを少なくして、長い距離を走れるか?と、エコランを追及していました。

大学の教授から「ソーラーカーの国際大会に出てみない?」って誘われて、「ソーラーカー」の設計に没頭します。

 

1990年、オーストラリアの国際大会で、みごと3000キロの長距離を完走します。

しかし、順位は散々・・・。

「やるからには、優勝したい!」と、就職をした後も夢をあきらめきれずに、「ソーラーカー」を研究します。

 

2009年、国際大会で優勝します。この時は、東海大学と組んで出場しました。

2011年にも、国際大会で優勝をしました。

仕事とも通じている趣味って、素敵ですね~。めっちゃカッコイイって思いました。

関 比古(せき ひこ?)

担当:たまご型のカバーを作る人=空力・カウル設計

生年月日:不明

出身地:不明

出身校:不明

名前のよみ:不明

 

確か、30代くらいの方で理系出身の方でした。

上司の石井源治さんから、担当を任せられてほとんどの設計は、関さんがしていました。

それを上司の石井さんがチェックするって感じでしたね。

 

勤務中に一人黙々と設計をするのですが、ほとんどの作業が抵抗の計算。

こういう形にしたら、どういう風の流れになって、どれくらい抵抗がでるのか?

実物を作るのは、最後の1回しかできないので、設計は入念にされていました。

 

すると、家に帰ってふと思いついた形があったので、早速、設計図を書いてみますが、思うように数字は改善されませんでした。

試行錯誤していると、ある「くぼみ」を発見します。

「くぼみ」を作ると、そこで風向きが変わるので、抵抗が少なくなるっていう話でした。詳しい話は難しくて、よくわかりませんでした。

 

このたまご型のカバーは、「カウル」って呼ばれます。

「カウル」の素材は、カーボンです。

使用されるのは、「東レ・カーボンマジック」です。

 

「東レ・カーボンマジック」は、レーシングカーの開発を長年やっています。

その軽量化設計技術と加工の技術がめっちゃスゴイです。
関さんの書いた設計書から、すぐに石膏で型が作られていました。

 

その石膏の中にカーボンを流し込んで、「カウル」を作るのですが、軽量化のために厚さもそんなにないので、型から外す時が見ていて一番ドキドキしました。

出来上がった「カウル」は、滑らかでキレイにできていました。

日本のカーボンの技術って、すごいんですね!めっちゃ感動しました。

いよいよ世界大会へ!

「ワールド・ヒューマン・パワード・スピードチャレンジ(WHPSC)」。

世界最速の自転車作りを目指す自転車の国際大会です。

アメリカのネバダ州で行われました。

 

競技は、8キロの直線道路を走って、最後の200メートルのスピードを測って、速いチームが勝ちです。

なので、どれだけ加速できて、後半どれだけライダーがばてないか、自転車を安定的に走らせることができるかがカギになります。

スピードが出てくると車体が揺れて、ライダーがビビッて減速してしまうこともあるので、「安定」も結構、重要な要素になります。

 

日本チームの結果はどうだったんでしょうね?

NHKで見ることができますよ!

2016年10月29日(土) 午後8時15分~ 午後8時45分 超絶 凄(すご)ワザ!SPECIAL▽最速自転車プロジェクト~世界大会・前編~

2016年11月 5日(土) 午後8時15分~ 午後8時45分 超絶 凄(すご)ワザ!SPECIAL▽最速自転車プロジェクト~世界大会・後編~

私も今から楽しみです。下の映像は、例のオランダチームが世界記録を更新した時の映像です。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イケメンカナダ首相が履いたことで話題の靴下!

2017年後半あなたの恋と運命は?

10分でごはんが炊ける炊飯器!

10%e5%88%86%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

シャネルCMの美女は誰?

QTモバイルCM女優は誰?動画も!

資生堂アイライナー自主回収!返金方法は?

差し入れの新女王!ガッキーが差し入れしたのは?

東芝上場廃止はいつ?

金価格2017年今後の見通しは?

新しい風邪予防対策!

たべるマスク

たまご型自転車が車よりも速い!

%e6%9c%80%e9%80%9f%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a

最先端電動スクーターは折りたたみ式!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3