群像の感覚とは?林先生が東大生にアドバイス!数学が最重要!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんばんは~(*’▽’)chocoです。

今回の林先生の初耳学、見応えありました~。

ゲストの和田アキ子も言っていたけど、「大体ムカつくんだけど、何か憎めないんだよね」

 

私も、同じような感覚で、はじめ車のCMで「今でしょ?」とか言っている時は嫌いでした。

「こいつ、誰だよ。何か、上から目線だな~」って。

でも、今じゃ林先生のファンで、気づいたら林先生の番組はよく見てます。

 

今回の初耳学では、林先生の持論を聞くことができて、勉強になりました。

大人になるとなかなか説教じみた話とか聞かないので、林先生の話は、考えさせてくれるきっかけを与えてくれます。

東大出てないけど、社会人としては結構、自分はできてる方かな?と、自分をほめてあげたくもなりました(笑)

 

「東大ってブランドは、会社に入るまで。」

本当にそうだと思います。

東大や名のある大学の出身者でも、使えない奴は使えないですから。

 

世の中って、色んな人がいるからおもしろいな~って、大人になったらだんだんわかってきました。

今、年齢的にも、0歳~90歳まで、各世代と関わることができていて、すごい環境にいるなぁ~と改めて感じました。

話がそれましたが、私が感動した林先生のお話を紹介しますね。

群像の感覚とは?

「群像の感覚」とは、その環境に自分を置いたとき、自分はどのポジションで振る舞えばいいのか?という感覚のこと。

林先生の話によると、この感覚は、東大生は特に欠如しているらしいです。

東大生は、失敗したことがないし、「東大生だからできるよね♪」というプレッシャーに常にさらされています。

 

常にトップであったため、失敗した時や、トップではない時の立ち居振る舞いがヘタクソらしいです。

「こんなのができんと?」って、テレビを見ながら思いましたが、そう言えば過去に似たようなことを思ったことがあります。

高校の友人で、東大に行けるレベルでしたが、結局は地元の国立大学に進学した子が、就職して間もなく悩んでました。

 

私からしたら、日常茶飯事的な悩み事で、「え?こんなことで本気で悩んでんの?」と、まじめすぎて笑ったことがあります。

彼は、今まで優秀過ぎて、失敗っていう失敗をしてきてなかったんでしょうね。

めっちゃ、彼にアドバイスしてあげました。しかも、素直に聞くし、その時はいい気分でした。

 

その時、私は「そうか、東大とか行く人達が勉強している間に、私はいろんな失敗をして経験を積んだんだな」と思いました。

そしたら、東大卒とか聞いても、前ほど雲の上の人だ~とかは、思わなくなりました。

「群像の感覚」って、合コンの立ち位置で、私はよく実践していました。

 

一緒に行くメンバーによって、立ち位置を変える。

キレイ系の友達を連れて行くときは、ちょっとチャラいキャラ。

おとなしい系の友達を連れて行くときは、仕切りキャラ。

 

会社の中でも、上司の性格によって話の持って行き方とか、プレゼンの仕方って変わりますよね?

あれと一緒の事ですね。みんな普通にやっています。

それが、東大生は苦手らしいです。確かに、何か頑なな人っていますよね。融通が利かんていうか・・・(笑)

Sponsored Link


活躍するか?イマイチか?

悩める東大女子に座標軸で、説明をしていました。

それが、ホントにわかりやすかったので、それもご紹介しますね。

林先生座標軸

東大生は、「東大生だからできるよね?」っていうプレッシャーにさらされています。

その悩みには、「私ってこういう風に、他人からは見えてるんだと思って、そうなればいい」と林先生はアドバイス。

英語ができると思われているのなら、英語ができるようになればいいということです。

 

そう思ってしまう東大生は、自意識過剰とも、林先生は話していました。

東大生の感覚は、上の座標軸で言うと「青」の線で区切って、「1」か「4」かで判断しています。

しかし、社会に出ると、「赤」の線で区切って、「1、2」か「3、4」かで考えなさいと林先生はアドバイス。

 

東大を出ても、イマイチな人が結構多いとも話していました。

これは、東大卒だから言える発言ですね。自分では言えないので、林先生が言ってくれて何か、スッキリしました。

東大以外でも活躍はできる。

 

社会で必要な能力は「解決力」と「創造力」。

これなら、自分にもできそうだって、いうか結構できてるんじゃない?って思いました。

今の仕事がこなせている社会人は、ちゃんと身についている能力だと思います。

一番身に付けたいのは数学!

文章を因数分解して、論理的に組み立てて、言語にして・・・。

仕事を分解していくと、究極はそういうことだと林先生は言っていました。

なので、物事を図式にすることから始めないと、解決策を見つけられないとも話していました。

 

算数の文章問題好きだった~。

国語は、苦手だったけど、あの時だけはちゃんと日本語が読めて、数式にできていたな。

今でも、よくわからないときは、図に書いたりするので、間違ってなかったと言われたみたいで、自身になりました。

 

林先生曰く、科目の順位は、

数学

国語

歴史

英語

の順だったかな。数学と国語の順位は間違っていないです。

「分解」→「再構築」→言葉で伝える。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イケメンカナダ首相が履いたことで話題の靴下!

2017年後半あなたの恋と運命は?

10分でごはんが炊ける炊飯器!

10%e5%88%86%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93

シャネルCMの美女は誰?

QTモバイルCM女優は誰?動画も!

資生堂アイライナー自主回収!返金方法は?

差し入れの新女王!ガッキーが差し入れしたのは?

東芝上場廃止はいつ?

金価格2017年今後の見通しは?

新しい風邪予防対策!

たべるマスク

たまご型自転車が車よりも速い!

%e6%9c%80%e9%80%9f%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a

最先端電動スクーターは折りたたみ式!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3